包茎って治療できるって本当?治療方法とは

包茎には3種類あります

自分の男性器が包茎かどうかわからないという男性は少ないでしょうが、自分がどのタイプなのかわかっていない人は多いようです。包茎には3種類あり、日本人に多い仮性包茎と真性包茎、カントン包茎があります。仮性包茎は、通常時は皮が被っている状態ですが、勃起時には皮が剥けるものを指し、真性包茎は通常時も勃起時も皮が剥けない状態を指します。また、カントン包茎は通常時は皮を被っており、勃起時には皮が途中までは剥けるものの、途中で止まってしまい締め付けてしまうものを言います。

仮性包茎は手術をしなくてもOK

日本人に一番多いとされているのが、仮性包茎です。通常時には皮が被っているものの、勃起状態は皮が剥けるので性行為自体も問題なくできますし、洗う際にもしっかり洗うことができるので衛生的にも問題がありません。その為、仮性包茎であることを自覚していてもそのままの状態にしているという男性は多くいるようです。しかし、見た目の問題などを気にする場合には手術を選択することもあるようです。

真性包茎とカントン包茎は手術がおすすめ

真性包茎やカントン包茎は性行為自体にも問題がありますし、衛生的な面でもあまり良い状態ではありません。その為、必要な皮を切除する手術方法をおすすめします。亀頭がしっかり出るようにし、余った皮を切除することを目的としている手術ではありますが、手術の仕方によって見た目も良くなります。傷跡は少なくて済む為、目立つことはありません。男性としての自信を取り戻す為にも、悩んでいる人は手術を検討しましょう。

包茎とは成人の陰茎の先の部分が周りの皮に覆われているままのことを指します。包茎の手術というものを受けると、皮が剥ける状態に改善されます。