緊急時に慌てないように、平常時に必要な事業継続計画(BCP)対策を考える

事業継続計画(BCP)とは?

事業継続計画(BCP)とは、大規模災害などによって、企業・団体経営を脅かすような想定外の事態が発生した際に、ダメージを最小限に抑え、事業を早期に復旧するための手法のことをいいます。 たとえば、震災への対応の場合であれば、平常時に準備する地震被害を軽減するための防災情報システムをはじめとする「事前対策」、災害等発生時に人命・安全確保を最優先とする「初動対策」、さらに絞り込んだ業務を目標復旧期間内に再開する「事業継続対策」が必要となります。これら事業継続に必要な計画が、事業継続計画(BCP)です。

事業継続計画(BCP)の作成方法

想定外の事態が発生した緊急時においても、事業継続を確実にするためには、平常時に事業継続計画(BCP)を分析し、その結果に応じた対策の検討と導入が必要になります。想定外の事態とは、大規模地震などの自然災害だけではなく、家畜伝染病、テロリズム、情報セキュリティ事故、複数の企業間で統合的な物流システムであるサプライチェーンがストップした場合なども含まれます。事業継続計画(BCP)の作成には、緊急時においての当日の対応、翌日以降の対応、第1優先目標、復旧期間など緊急性の高い業務から順次再開させていくことができるように、各種業務の手順や情報を文書化した行動計画をたてる必要があります。作成後は、危機が発生しても混乱に陥ることなく、いち早く事業を継続するためにも、事業継続計画(BCP)に沿って訓練を実施し、常に内容の見直しを行う必要があります。

BCP対策とは、企業が自然災害や事故などの予期せぬ事態に備えて、被害を必要最小限にとどめられるように事前に策定する行動計画のことを言います。