ハンドメイドでネームタグを作るにはどうしたらよいか

平織りの綾テープでネームタグを作ろう

ネームタグを小物や雑貨に付けるには、平織りの綿のテープを使うと作りやすいでしょう。ベージュや生成りの色で、グッズ用の布とも合わせやすいです。幅は2cm~3cmくらいあれば十分です。厚みは5mm~8mm程度であれば問題ないでしょう。好みの文字の名前用スタンプや絵柄のスタンプシートと、専用のインクを購入して、布に押しつけるようにスタンプすればタグが出来上がります。子供さんのお弁当袋やコップ入れなどの入園グッズにネームタグを付けるにはそのまま縫い付けてもいいですし、ボタンやスナップを付けて、紐や持ち手の所に輪状にして留めるようにしてもいいでしょう。ハンドメイドの雑貨に付けるには、半分に折って作品を作る時に一緒に縫い込んでタブ状にすると、市販の雑貨のブランドタグのような雰囲気になります。

大きなサイズのネームタグがよいなら

綾テープでは幅が細いと考えるのであれば、無地の布を好みの大きさに切って作るといいでしょう。綿のシーチングなどの丈夫でしっかりした薄手の生地を使用すると、初心者でも扱いやすいです。色も比較的多く、比較的安価に入手できます。スタンプを利用してもいいですし、刺繍が得意な方であれば、刺繍糸を用意して名前や柄を縫い取りするとおしゃれです。図案については、後から消える印付け用のペンを利用すれば、下絵が残る心配がありません。抜きキャンバスや、水で溶けるタイプのキャンバスを用意すれば、マス目状の生地を後で取り除くことができるので、クロスステッチで刺繍することも可能です。縫い物が得意でない方は、クロスステッチの方がやりやすいと思われます。

ネームタグは、自分の名前などを記載して、持ち物に付けるものです。自分のものである証明となります。ネームタグを付けておけば、紛失したとしても戻ってくる可能性が高まるでしょう。