こんなに便利なの!CADを導入してみよう!

自動計算やシミュレーションができる

建築図面や、電子回路設計などにてCADを導入すると、寸法や電流値などの自動計算を行ってくれるのがメリットです。そのため、入力に間違いがあるとすぐに気づくことができ、間違いの無い図面を作成することができます。また、パソコンなどにて、入力を行うと、慣れてしまえば手書き入力よりも早く入力することができるのです。

シミュレーションが行えるのもメリットです。たとえば建築図面では、図面入力後に3Dデーターとして実際の建物の様子を確認できるようになりますので、描いた図面のイメージがつかみやすくなります。

電子回路設計においても、シミュレーションを行うことで信号の波形などを確認できるようになり、確実に動作する回路を設計できるようになります。

修正が容易などのもメリット

CADにて入力された図面は、電子データーとなりますので、修正を行いたい時には手書き入力に比べて簡単に修正することができます。間違えた操作を行ったとしても、アンドゥ機能やリドゥ機能を使用することで、すぐに元に戻すことができるのもメリットです。CADを使用することで作業効率は格段に向上するはずです。

データのインターフェースが楽

CADを使用した場合は、設計データーは専用のファイルとなりますので、たとえばそのデータをメールなどで送付することで、他の会社などにスムーズにデータインターフェースをすることが可能になります。

たとえば、電気回路の回路図データを、基板設計業者などに渡す時にもメールで行うことができます。設計が完了した基板データもメールでもらうことができますので、素早いデータインターフェースができ作業効率は格段に向上します。

電子基板などの設計に特化しているのが電気CADです。今やほとんどの製品に電子機器は必要不可欠となっており、電気CADの重要性も高まっています。