パソコン作業のせいで慢性的な腰痛に苦しめられている人必見!

長時間のパソコン作業は腰痛の大敵です

気が付いたら会社で一日中パソコン作業をしている、現在の日本社会ではこのような人がたくさんいるのではないでしょうか。確かに最近では仕事をするうえでパソコンの存在は必要不可欠になってきています。パソコンがなければ仕事にならないという人も多いのではないでしょうか。しかし、一日何時間もパソコン作業をしていると、腰への負担がかなり大きなものになってしまいます。例えば寝ている状態とパソコンデスクに向かって仕事をしている状態とでは、腰への負担が1.5倍~2倍近くも変わってきます。特に仕事に集中しすぎてほとんど休憩を取らない人は要注意です。長時間腰周りの筋肉を動かさないでいると次第に筋肉や関節が硬直し始め、さらに悪化した場合はぎっくり腰や坐骨神経痛などの症状を引き起こしてしまう可能性があるからです。

腰痛対策のストレッチと筋力アップ

長時間のパソコン作業のせいで腰痛になる場合、多くの場合、長時間同じ体勢でいることが原因となります。いくら仕事に集中していても最低でも1時間に1度はトイレ休憩などで体を動かすようにし、腰周りの筋肉や関節を少しでも動かすようにしましょう。できればオフィス内で出来る前屈などの簡単なストレッチをすることも効果的です。また、腹筋や背筋の筋力の低下も腰痛の原因の一つと言えます。腹筋や背筋の筋力がバランス良く強化されれば頭や上半身の体重を支えることができ、腰に直接伸し掛かってくる負担を軽減させることができるからです。

腰痛の名古屋での治療の始め方を理解するにあたり、定期的に人気のある整骨院のサービスの良しあしを比較することがポイントです。