高い洗浄効果で抜群の輝き!酸洗いってなに!?

酸洗いでどういった効果が得られるのか

酸洗いは金属加工の洗浄に欠かせない工程のひとつで、金属製の物を酸性溶液に漬けることで、表面に付着した酸化物を効果的に洗浄&除去することができます。金属製品にはどうしてもスケールという酸化皮膜が表面に出来てしまうので、酸洗いをしてこれを取り除くことが一番の目的です。また、サビまで取り除いてくれるので金属製品の表面加工にも重要な役割を果たします。たとえば、金属製品の表面をメッキ加工するときに酸洗いをすることで、スケールやサビが邪魔をして完全にメッキが表面に密着できなくなるのを予防。チタンを研磨して磨くときにも酸洗いをして皮膜をある程度落としてからでないと十分な光沢を出すことは出来ません。金属製品をより質の良いものに仕上げるために酸洗いは多くの場面で持ち入れられている洗浄方法なのです。

酸洗いの種類と注意点まとめ

一言で酸洗いといってもいくつか種類があります。一般的な酸洗いは、酸性の液体に金属を漬けたあとに表面を化学洗浄することでスケールやサビを除去する方法ですが、ほかにも用途別に「酸浸漬」と「エッチング」といった方法もあります。酸浸漬は、金属の表面を活性化させることで酸化の原因となるアルカリ皮膜などを除去。エッチングは、常温加工によってできた表面の変質層の除去が目的で行います。

どのやり方においても、処理後は表面が腐りやすくなるので防錆処理をできるだけ早く行う必要があり、酸性の液体を扱うため安全対策による知識を頭にいれておくことはもちろん環境設備においても徹底した管理が重要になります。また、事故防止のためにも排水処理をきちんと行うことが大切です。

酸洗いとは、金属製品に付着している酸化物を酸性溶液につけて洗浄・除去する科学洗浄処理方法のことです。