外壁塗装の必要性と塗装周期について考えましょう

外壁塗装の効力とは?

一口に工事と言っても様々な種類がありますが、今回は外壁塗装工事について書いていきたいと思います。

外壁塗装とは、外壁のひび割れを防止したり、悪化を防ぐための防水工事のことをいいます。外壁のひび割れは、太くなるほど危険なもので、そこから雨水が入って骨組みの木材を傷ませることにより、カビ臭さを発生させたり、内装の壁のボードや壁紙を傷ませる原因に繋がります。

屋根もスレート材(コロニアルなど)であれば塗装が可能であり、屋根材の寿命を延ばすことと、雨漏りを防止するためには塗装工事は必要になってきます。一般的な和瓦などは塗装しても割れを防止することが出来ないため、あまり塗装はおすすめされません。

スレートは雨水を吸うと反って割れてしまい、そこから雨漏りになってしまうため、雨水をすうことを防止するのにやはり塗装が必要になります。

つまり、家全体は定期的な塗装が必要なのです。

外壁塗装の必要な時期について

外壁塗装が必要なタイミングとしましては、前回の塗装から7~10年後とされています。前回の塗装材料の種類により、塗装周期は変わるので7~10年という3年間の利幅が出てしまいます。

もし、前回の塗装時期を忘れてしまったのなら外壁を触ってみて下さい。もし、手のひらにチョークを触った時のような白い粉がつくのなら、塗装の効果が切れている証拠なので塗装しましょう。

外壁のひび割れについてですが、髪の毛ほどのひび割れ(ヘアークラック)はどのご家庭にも出やすいので気にする必要はないのですが、油断せずに外壁の状態はこまめに確認するようにしましょう。

中古の建機のオークションを活用することで、全国の出品者が集まることから、市場価格よりも安く製品を購入できることがあります。