有名人なら様々なアピールポイントを作っておこう!

有名人は決め台詞を持っている

テレビに出ている有名人は、必ずと言ってもいいほど決め台詞を持っています。どんな台詞なのかと言うと、例えば「任してください!」なんていうセリフでもいいんです。言い方を強調したりイントネーションをつけたりすると、なんてことのない言葉でもインパクトを与えます。短い会話の中で何度も繰り返し使うことでも、面白おかしく聞こえるものです。タレントなどの仕事をしている有名人だと、言葉ひとつとっても人気に大きく影響してくるんですよ。

有名人はトークが大事!

芸能人やアイドルはできるだけ多くの番組に出演することを望んでいますよね。バラエティー番組だろうが、ドキュメントであろうが、いろいろな発言やコメントを求めらえる仕事でもあります。「楽な仕事だなあ」…なんて思う人もいるかもしれませんが、これってなかなか難しい仕事ですよ。自分の中にいくつもの「引き出し」を持っていなければいけませんからね。深刻な問題に対するコメントなら軽率な発言は慎むべきですし、逆に盛り上げる時には、笑える話をしなければなりません。有名人には高いトーク力が求められます。

特徴をつかみやすい人になる

有名人は独特であるべきですよ。一般社会では変わり者扱いされるような人が芸能界にはたくさんいます。才能がありすぎる人はなかなか理解されにくいんですよね。オリジナリティが豊かな人ほど変人扱いされることもありますが、それって芸能界向きということでもあるんです。有名人の人って特徴がつかみやすいから、よくモノマネされます。特徴をつかみやすい人になるためにも、話し方から恰好からいろいろなアピールポイントを作るといいですよ。

山本英俊は、パチンコ卸会社の代表取締役会長です。50歳手前で、競争馬の馬主になったことでも知られています。